ワキガ対策には、主に「臭いを少しでも減らすための対処療法」と「手術で原因を取り除く治療」の二種類があります。ここでは、ワキガの根本治療となる手術について説明したいと思います。ワキガの手術と言っても、幾つかの種類があります。 ◆クイック法 ・電気凝固法(高周波・超音波治療法) 毛根に高周波を流したり、超音波をあてて、ワキガの原因となるアポクリン腺や皮脂腺、エクリン腺を破壊・除去する方法です。 ・電気分解法 毛根に高周波を流して、アポクリン腺や皮脂腺の分泌口を破壊しますが、一時的な効果しかありません。 ・ボトックス注入法(注射) ボツリヌス菌という毒素を排出する菌を注入することで、一時的に汗腺の働きを抑える方法です。 ◆手術 ・剪除法 アポクリン腺を1つずつ、目視確認しながら切除していきます。 ・切除法 脇毛の生えている一帯を、皮膚・汗腺ごと切除してしまいます。 ・皮下組織吸引法 脂肪吸引のように、皮膚に穴を開けて管を通し、脇の下の汗腺を吸引して取り出す方法です。 ・皮下組織削除法 皮膚に入れた切れ目から、汗腺などの組織を切り取ってしまう方法です。 ・皮下組織掻爬法 数センチの切り込みから器具を差しこみ、汗腺などを掻き出してしまう方法です。 このようにワキガ手術には、短時間で簡単にできるものから、入院が必要な手術までさまざまあり、その持続効果や根治力・傷跡の有無に関しても大きな違いがありますから、そのメリット・デメリットをよく考えた上で決めるようにしましょう。